« Aonoyama | トップページ | nonsense »

2014/08/25

ANIMALS 2014

R0006355001

R0006360

高松市美術館で開催中の三沢厚彦展「ANIMALS」

実は2週間程前にもみているのですが

最終日は三沢厚彦さんのギャラリートークもあるということで再訪

ギャラリートークは最近のこういう催しでは

みたことがないほどの人の多さで

流石に人気作家さんだなと改めて驚きました

約一ヶ月半の会期中に一万人以上の来場者があったそうです

三沢さんの作品は写実的ではないのに

彫り出された動物の質量感がリアルで

実際に目の当たりにするとその不思議さに惹かれます

カタログには、木の中にすでにある動物の形を

彫り出しているのかもしれない

といったニュアンスの三沢さんの言葉が書かれていたのですが

そういう言葉を誰か仏師の方も

言っていたような気がするなと思いました

ので、ギャラリートークの最後に三沢さんに

仏像とかよくご覧になるんですか?という

かなり頓珍漢な質問をしてしまったのですが(笑)

三沢さんは「彫刻」ということについて

丁寧に説明してくださいました

イスラム教では「偶像」をつくることを禁じていますが

形のないものに形を与えて「アイコン」とする作業が

三沢さんの制作なのかな、とそんなことも思いました

モチーフとしての「動物」については

牛や猫、フクロウや鴉、鹿など様々な動物が神聖なアイコンとして

扱われていますがそんなこともちょっと考えてしまいました

ともあれ、そんな「形」を実際にみることができて良かったなと思います

|

« Aonoyama | トップページ | nonsense »

art」カテゴリの記事

art Museum」カテゴリの記事

Photograph」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Aonoyama | トップページ | nonsense »