« Private Utopia | トップページ | A Happy Nya Year »

2014/12/23

IMAGINEERING

Dscf0702

R0007695

Dscf07221

R0007702

R0007753

Dscf0750

今日は岡山で開催中のIMAGINEERINGを見てきました。

イベントのメインイメージは
ピンク色のシュガーコーティングされたドーナツですが
他にも歯車やタイヤ、CD、丸のこetcetcリング状のモノたちが
シンボルとしてあちこちに使用されています
ENGINEERINGに対し、機械やテクノロジーではなく
想像力で世界を回していこう といった感じでしょうか
展示されている石川コレクションには幾つか
5月に東京のオペラシティで見たものもありましたが
街中をぶらぶら散歩しながら
作品を見て歩くのはギャラリーで見るのとはまた違って
いいものですね
味司野村でお約束のデミカツ丼を食べてから帰宅
岡山は新しい商業施設がオープンしたせいか
駅前はとても賑わっていました
iidacameraさんが先月末にお仕事していたのかな
と思われるあたりで3人組のサンタ発見
もう年末なんですねえ
ビックカメラの1Fにも作品が展示されていたので
見てきたのですが
ついでに地下のカメラ売り場も見学
今、一番気になっているdp quattroをみたのですが
確かに大きい、でも思ったより軽いカメラですね
残念ながら1、2ともバッテリー切れで
動作は確認できませんでした
まあ、まだしばらくは買わないかなと思いますが・・・

R00077441

今回一番気に入ったのはサイモン・フジワラの

「Artist's Book Club:Hakuruberri Fuin No Monogatari」

サイモン氏演じるサイモン氏の日本訛り?英語の怪しさ

あ〜、これ英語喋るときの僕だわ〜

(僕のほうがもっとすっとPoor Speakerですが)

と思わず笑ってしまいました

サイモン氏の作品はそういうスッとボケた(で、シニカルな)

面白さがあっていいですね

|

« Private Utopia | トップページ | A Happy Nya Year »

art」カテゴリの記事

Photograph」カテゴリの記事

town」カテゴリの記事

コメント

門外漢なので分かりませんが、作品の展示の仕方というか、展示の仕方そのものが作品というか、
こういうのって、僕は立体造形をやっていた嫁さんと付き合い始めたころまで、
まったく無縁だったので、初めて見たときはわりと衝撃というか、衝撃というには緩かったですが、
今までの、「見に行く」っていう感覚と全然違うものが世の中にあるんやなぁっていう、
新鮮な感覚が楽しかったです。

たぶん、けっこう気軽なものなんですよね。

岡山駅前の仕事は最近忙しすぎて、納品と請求書が終わった時点で忘却の彼方へ行きかけてました。
わりと最近の出来事なんですよね。

今週末は弾丸ツアーで福岡と新宿です。
ゆっくりしたかったんですが…。

投稿: iidacamera | 2014/12/24 18:53

iidacameraさん
ご指名のようになってしまいスイマセン(^^;
ここしばらくで現代美術を扱う美術館やアートフェスティバルは
爆発的に増えてきましたね
石川コレクションはビデオ作品が多いように思いますが
これに限らず現代美術の中では写真を含め
映像作品が占める割合はかなり大きいものがあり、
その提示方法も平面と立体が融合したり、
様々なものに投影したり、広告の形に紛れ込んでみたり
平面の中だけでもグルスキーのように入念に画像を加工して提示したり
本当に多岐にわたっているなと感じます
iidacameraさんの仰るように固定観念にとらわれず
(勿論、これまでの考え方もそれらの中の1つですからそれもあり)
気軽にやればいいんですよね。

週末弾丸ツアー お疲れ様です。
新宿界隈も眠らない街のようですが
福岡も美味しいものが沢山あっていいですよね

投稿: bonyaly | 2014/12/24 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Private Utopia | トップページ | A Happy Nya Year »