« Sunday | トップページ | Small trip »

2016/05/30

Think about Photograph

Dscf5214

R0013248

Dscf5226

Dscf5239

R0013367

高知県立美術館で開催中の

大原治雄写真展をみてきました

アマチュア写真家として様々な写真展にも

出展していた彼の作品には

バウハウスなどの影響を受けたのであろう

合理主義的、機能主義的な作品も多くありましたが
それよりも彼の生活と家族を撮った写真は
本当に素晴らしいものでした

なんと力強い写真でしょう

その写真は土門拳のような絶対非演出ではなく
植田正治の写真のように演出を加えたものが殆どです

しかしながら病に苦しんでいた彼の妻、幸を

メイクアップ、ドレスアップして撮影した

彼女の最後の肖像はとてもリアルです

撮影された生活のシーンの多くは

おそらく普段の生活そのものではない
「ハレ」の写真であったかもしれませんが
その礎に彼の生活があったことは確かで
全てを詳らかにすることだけが
真実を語るものではないだろうと思わされました

ついに日本に帰ることのなかった
彼の晩年の様子と、彼の写真について語った
彼の孫で写真家でもある
サウロ氏の言葉が印象深かったです。

写真について改めて考えさせられた写真展でした


R0013274001

     沢田マンションのギャラリールーム38もみてきました

     日本のニューカラーという言葉が思い浮かびました

R0013290002

    セルフポートレイト


|

« Sunday | トップページ | Small trip »

art」カテゴリの記事

art Museum」カテゴリの記事

food」カテゴリの記事

landscape」カテゴリの記事

Photograph」カテゴリの記事

town」カテゴリの記事

コメント

全容は分かりませんが、それ故に、かもしれませんが、
乗られていた電車がめちゃくちゃ楽しそうに見えるんですけど…。

僕も大阪にせっかく事務所を構えたことですし、これから夏にかけて、
けっこうヒマになってくると思うので、いろんな写真展に行きたいです。

思考するのって、いろいろと楽しいもんですね。

投稿: iidacamera | 2016/05/31 10:47

iidacameraさん コメントありがとうございます
流石の眼力ですね。そうなんです。
土讃線(香川と高知を結ぶJR線)各駅停車の旅はサイコーです
・乗降客が極端に少なく殆ど貸し切り状態
・山間を走る渓谷沿いの景色は最高
・窓が開きます
  しかも貸し切り状態なので周りに気を使うことなく開け放題!
・ホームがどん詰まりに設置されていて
 スイッチバックする秘境駅が2箇所(坪尻・新改)
・乗り継ぎの合間に 途中下車してブラブラするのも楽しいです

次のエントリーで土讃線の説明的記録を載せようかと(笑)

大原治雄写真展
次は6月18日から7月18日まで
伊丹市立美術館に巡回するようですよ

投稿: bonyaly | 2016/05/31 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sunday | トップページ | Small trip »