« It Takes Courage to Print | トップページ | Summer Days »

2016/06/28

2002

1343492_img

14年前 公園できぐるみのウサギさんに

一緒に写真を撮ってもらおうと抱っこしてもらったけど
泣いて暴れてw
いまや息子は僕の背丈を遥かに超え
娘も高校生

1353515_img

|

« It Takes Courage to Print | トップページ | Summer Days »

Car & Drive」カテゴリの記事

Photograph」カテゴリの記事

コメント

親にとってはつい最近の出来事のように感じるんでしょうね。
僕も40前になってようやくそういう気持ちが分かるようになりました。
10年・20年のスパンが異常に短く感じるというか。

子どもにとっては遠い昔のことなんでしょうけどね。

その分、記録したものを後で眺めていて、泣きそうな気分になることも増えました。
感傷的になりたい訳じゃないときでも、自然と感傷的になってしまうあたり、
徐々に年齢を重ねてしまってるんでしょうね~。

投稿: iidacamera | 2016/07/02 11:19

iidacamera さん コメントありがとうございます
特にデジタルだと写真が色あせないので
特にそういう感じがするのかもしれませんね

最近iPadで電子書籍を買って読むことが多くなってきたのですが
電子書籍は全体のどこまで読み進んだかがわかりにくいです
紙の本だと無意識に感じている
左右の本の厚みの違いがなかったりするからなんでしょうね

現代物理学の世界では
日常的に過去から未来に「流れて」いると感じている時間は
実在しないと言われますが
デジタル化された情報と触れることで
それが感覚されるのかななんて思ったりもしました

ここだけの話ですが(笑)
年をとって感傷的になるのは確かにそうですねえ
最近テレビを見たりしている時に
特に感動的なシーンでもないのに
涙が出そうになることがあります(^_^;)

投稿: bonyaly | 2016/07/03 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« It Takes Courage to Print | トップページ | Summer Days »