« Megi-Ogi-Takamatsu | トップページ | Setouchi Triennale 2016 Summer + »

2016/08/04

DDC-G1+PT26

Dscf5407

GITZO トラベラーの雲台を

サードパーティ製のアルカスイス互換クイッククランプにしました
プレートもご覧のように極小なのですが
それでもGRでも、X-Pro1でも電池・カード蓋にかかってしまいます。
(側方に穴あけしても無理そうです)

|

« Megi-Ogi-Takamatsu | トップページ | Setouchi Triennale 2016 Summer + »

camera」カテゴリの記事

Gadget」カテゴリの記事

Photograph」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
コンパクトなカメラの泣き所ですよね。

僕はマンフロットのやたら安かった三脚を家族でお出かけの際に重宝してるんですが、
やっぱりミラーレスやコンパクトカメラではたいがいクイックプレートが電池蓋に干渉します。

現在お高いプライベートカメラなんか全部売り払って、GR以外にも色気のない小さいカメラを導入しましたが、
これはもう手元にある三脚は全滅でした。

諦めるしかなさそうです。

久しぶりに家族旅行の予定があるんで、電池フル充電してからクイックプレートを付けて、
万全の備えで撮影に臨みたいと思います。(笑)

投稿: iidacamera | 2016/08/07 23:33

iidacameraさん コメントありがとうございます
クイックプレートって
カメラに余分な出っ張りが出来たり
雲台も大きく重くなったりで
あまり好きじゃなかったんですが・・・
というか三脚自体殆ど使うことがないのですが
なんとなく買ってしまいましたw

でも、電池の交換の時にプレートを
取り外すにしても三脚を殆ど動かさなくて済むのは
メリットかもしれないなと思いました
三脚使う条件って暗くて手元が見えにくかったり
するものでしょうし・・・

家族旅行なんかでの三脚とセルフタイマーを使った記念写真って
撮り手の呪縛から開放された感じでなんだかいいですよね(^o^)

投稿: bonyaly | 2016/08/08 08:41

そうなんです~!!
三脚にカメラを立てて、10秒タイマーでシャッターを切って、
自分の立ち位置に戻るっていうのが実は記念写真では一番好きな撮り方です。

リモコンを使う、とか、スマホでリモートする、とか、やり方はいろいろあるんですが、
そういう便利なことやっちゃうと、良い表情が撮れるまで意地になっていけません。

やっぱりセルフタイマーが一番だと思ってます。

投稿: iidacamera | 2016/08/08 10:09

やはり家族や親しい仲間とは
一緒でありたいですよね(^o^)

投稿: bonyaly | 2016/08/08 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Megi-Ogi-Takamatsu | トップページ | Setouchi Triennale 2016 Summer + »