MIMOCA

2018/05/29

Hectic day by day.

1dsc07050

1dsc07254

1dsc07270

1dsc07284

1dsc07323

1dsc07337

1dsc07560

1dsc07564

1dsc07582001

1dsc07621

続きを読む "Hectic day by day."

| | コメント (0)

2018/05/01

leftover april..

1dsc06800

1dsc06811

1dsc06846001

1dsc06856001

1dsc06862001

1dsc06931

| | コメント (0)

leftover april

1dsc06290

1dsc06329

1dsc06344

1dsc06376

1dsc06390002

1dsc06391

続きを読む "leftover april "

| | コメント (0)

2018/03/26

Change of the Season

1dsc06249

1dsc06259

1dsc06254

1dsc06260

1dsc06274

続きを読む "Change of the Season"

| | コメント (2)

2018/03/05

Hectic day by day

1dsc05709

1dsc05823

1dsc05830

1dsc05861

1dsc05967

1dsc05994

1dsc05998

1dsc06003001

1dsc06027

1dsc06042

1dsc06133

| | コメント (2)

2018/03/04

about "I,Photography"by Nobuyoshi Araki

1dsc05663001

 現在MIMOCAでは荒木経惟展「私、写真。」が開催されているが、「アラーキー」と聞くと、女性の裸を撮るのが大好きな世俗的なカメラマンというイメージが思い浮かぶのではないだろうか。荒木の写真はそのイメージによって本質が少し見えにくくなっているのかもしれない。   


(以下長文)


続きを読む "about "I,Photography"by Nobuyoshi Araki"

| | コメント (2)

2017/12/29

Under the Skin

1dsc05364

MIMOCAの荒木経惟展「私、写真。」

メインの展示室の入り口にはお父さんとお母さんの亡くなった時の写真

それは「天才写真家アラーキー」としての決意表明

なんでもない裸婦像をビニルカーテン越しの

ビデオショップのアダルトコーナーみたいなしつらえでみせることで

エロティックになるという凝ったしかけもアラーキーらしくて最高でした

一方、美術手帖の8月号で「幻の」と紹介されていた

スクラップブックが何冊かメインの展示室から隠れるように

横の通路に展示されていました

まるで皮膚の内側の荒木さん。

1dsc05349001

1dsc05359

1dsc05353

| | コメント (0)

2017/12/17

SETO PHOTO 2017 & I , PHOTOGRAPHY

1dsc05245

1dsc05253

1dsc05254

1dsc05258

1dsc05263

1dsc05273

1dsc05294

1dsc05312

続きを読む "SETO PHOTO 2017 & I , PHOTOGRAPHY"

| | コメント (4)

2017/11/13

Busy days

1dsc04832

1dsc04859

1dsc04873

1dsc04880

| | コメント (0)

2017/11/03

day after day

1dsc04728

1dsc04733

1dsc04750

1dsc04758

| | コメント (0)

より以前の記事一覧