People

2020/01/19

Days

1dsc03716 1dsc03723 1dsc03729 1dsc03738 1dsc03743 1dsc03744 1dsc03747 1dsc03748 1dsc03754 1dsc03755

続きを読む "Days"

| | コメント (2)

2019/10/22

Think about the Work

1dsc02319

1dsc02320 1dsc02329 1dsc02330

1dsc02406

1dsc02422

続きを読む "Think about the Work"

| | コメント (0)

2019/08/17

It is not fashionable

1dsc01131 1dsc01224 1dsc01239

続きを読む "It is not fashionable"

| | コメント (4)

2019/02/08

So what?

1dsc09321

1dsc09422

1dsc09313

1dsc09144_2

1dsc09114_2

1dscf8232

| | コメント (0)

2018/05/29

Hectic day by day

1dsc06998

1dsc07017

1dsc06988

続きを読む "Hectic day by day"

| | コメント (0)

2015/02/11

Xanadu

R0007961

続きを読む "Xanadu"

| | コメント (0)

2015/01/30

at Nishinomaru

Dscf0985

Dscf1001

Dscf0967

続きを読む "at Nishinomaru"

| | コメント (0)

2015/01/04

We would be so

Dscf0873

| | コメント (0)

2014/02/04

People

Dscf8008

| | コメント (2)

2013/12/16

Sugebumomonga

R0003904

タイトルはデタラメもいいところの全くの造語

高校生の頃この樹の下で友人達と8ミリ映画を撮った

そのタイトルが「スゲブモモンガの樹の下で」というもの

もちろん「スゲブモモンガ」の木なんてものはなくて

どこで撮るかを決めないまま

シナリオに仮題として書いてあったのが

そのままタイトルになってしまったものだ

当時の仲間のひとりは本当に映画の監督になって

もうかれこれ10本以上の(商業)映画を撮っている

いまでは年賀状をやり取りするだけの間柄になってしまったが

彼の作品が公開されると必ず観に行っている

先日も封切りされたばかりの彼の映画を観てきた

パンフレットの彼の言葉からは

監督としてどっしり腹の座った感じが伝わってきて

あらためて30年以上の時間が経ったのだなあと

その距離を想った

| | コメント (0)

より以前の記事一覧